不動産の購入資金とは

不動産の購入資金とは

不動産は非常に高額な買い物となるため、自己資金だけで賄えない場合、金融機関などで住宅ローンを組んで資金調達をすることになります。不動産の購入資金は、ローンの返済額と言い変えても過言ではありません。
不動産の購入資金を考えるときに、ライフスタイルの変化やライフプランを考慮に入れ、無理のない計画にすることが大切です。住宅ローンを現状の支払い能力の限界まで設定してしまうと、急な出費などに対応できなくなってしまう危険性があるからです。
また、不動産の購入資金は、決して不動産本体の価格だけではありません。登記にかかるお金、保険料、修繕費など、住宅購入に関わる様々なお金が併せて必要になります。自己資金は頭金としてたくさんあればローン額も抑えられますが、当面の生活費やもしもの時のお金として一定額は残しておくことが大切です。

 

不動産取得税に申告は不要か

税金には自分で申告しなければならない申告納税方式の税金と、国が納付すべき税金を通知してくる賦課課税方式の税金とがあります。
不動産を取得した際に課税される不動産取得税は後者に当たります。そのため、住宅や土地といった不動産を取得してからしばらくすると、不動産取得税の納付税額が通知されます。しかし、賦課課税方式の税金だからと言って、全く申告しなくても良いわけではありません。それは、申告をしないと不動産取得税の特例制度の適用を受けることができないためです。特例制度の適用を受ければ、標準的な住宅や土地であれば不動産取得税を発生させないということも可能です。期限は地域によって異なってきます。
あらかじめ期限を調べておき、忘れずに申告するようにしましょう。

Blog

Calendar