不動産業界で重宝される資格

不動産業界で重宝される資格

不動産業界ではたらくのに、役立つ資格、求められる資格というのはたくさんあります。不動産で一番有名なのは、宅建主任者です。これは、毎年受験者が増えているというくらいに、一般でもたくさんの人が求める資格でもあります。重要事項説明をするため不動産としては必須だったりもします。しかし、不動産に役立つ資格はこれだけではありません。不動産におけるプロパティマネジメントの資格というのも最近はでてきています。また、難しいところでは、建築士の資格も、不動産業界では昔からとても重宝されています。
それ以外にも、不動産の現場では、いろいろな設備に携わることがあります。そのため、電気技師のような資格や技能というのも、やはり不動産の業界では重宝されるものだといえます。

 

新築自宅購入は得か?

純粋な投資としての不動産は、値上がり可能性をはじめ、価値が減りにくくリセールがきく、という点で勧めもしますが、単なる自宅として、新築不動産を買うことはどうでしょうか?
たとえば地方小都市に住む私の自宅ですが、14年前、新築時は全部で7000万円近くしました。ところが現在リセールすると、2000万円程度にしかならないようです。仮に月割りで考えると、月々30万円の家賃を支払ったことになります。賃貸だったら、新築一戸建てばかりに移り住んでいてもこの辺では10万円前後です。
もちろん、不動産価格が時代やその他の理由で上がることもありますから一概には言えませんが、自宅、特に新築購入は一般的に損だと思います。ホームレス氏の手記を見ても、自宅を買ってからリストラや倒産に遭って…というものがとても多い。
不動産を所有する、というのは一種のステータスでもあります。お金を借りるときもよい条件になります。でもそれにまどわされてはいけません。固定資産税だってかかりますし。
子孫に美田ならぬ自宅を、という考え方もできますが、残すのは貯金や金コインでもいいわけです。日本人は新しいもの好きと不動産好きでだいぶ損しているみたいですね。

Blog

Calendar