長引く空室と不動産バリューアップ

長引く空室と不動産バリューアップ

不動産にとってマイナスとなることのひとつが、空室です。空室が長く続いてしまうと、収益という点でも、その不動産の収益というのは、一気に落ちてしまいます。そしてその空室のある期間が長ければ長いほど、収益は減ってしまいます。できるだけ早く、空室を埋めたいと思うのが、不動産オーナーの切実な思いでしょう。
こういったときに不動産オーナーが取る対策の一つとして、バリューアップがあります。不動産のバリューアップをおこなうことによって、新しいテナントが入ってくれるようにするのです。たとえば、ビルの外装をリニューアルしたり、照明を明るくしたりします。こういった努力をすることで、新しいテナントを誘致できたり、また、既存テナントの退去を予防できたりします。

 

不動産共益費の値下げ

不動産を借りるときに支払うものとして、賃料の他に共益費があります。賃料を値下げしてくれ、というような要望をするテナントもたまにいたりしますが、また、共益費を値下げしてくれという要望もあったりします。
共益費というのは、その不動産全体を管理したり運営したりするのに使われるお金です。なので、基本的には、もうけがあるような形の物ではありません。必要な経費を、その不動産のテナント入居者みなで、わけて負担をしてもらうためのものなのです。
唐突に値下げをお願いしても、相手は不動産のプロですので、簡単にはいかないでしょう。こういった不動産の基本的な知識を持った上で、値下げ交渉というのはスタートしたほうがよいかと思います。

Blog

Calendar