不動産投資は良い借り手を見つけることが成功の秘訣

不動産投資は良い借り手を見つけることが成功の秘訣

手持ちの不動産を賃貸にして、毎月家賃収入を得ています。
不動産投資として購入したものではありませんので、一軒だけですが、それでも毎月定期的に、給料とは別に収入があるのは嬉しいことです。不動産投資を成功させるには、良い借り手を見つけることだと思います。
今まで何人かに不動産を貸しましたが、家賃が必ず遅れる人や家を住居以外の目的で使う人など、想像していなかったケースがありました。家賃は催促すれば入りますし、汚れた不動産は借り手が綺麗にして退去しましたが、トラブルがあると精神的に穏やかではありません。今は大手企業の借上社宅として貸すことができていますので、安心です。自分が住んでいない不動産の管理は、手間のかかるものです。良い借り手を探して、長く住んでもらえると良いですね。

 

不動産投資の際は実質利回りこそが大事です

不動産投資を始めたばかりの人は、収益物件を探すのに表面利回りのみを気にしていることが多いです。この表面利回りは、年間の賃料収入を不動産の購入額で割ったパーセンテージのことを指し、不動産業界では一般に使用される用語です。この指標は確かに有用ですが、より慎重に物件を探すなら、実質利回りにこそ目を向けるべきでしょう。
実質利回りとは、年間の賃料収入額から不動産維持費や固定資産税などの諸経費を差し引いた実質的な手取り額を、不動産購入代金で割ったパーセンテージのことを指します。いうまでもなく、不動産を購入して賃貸借に出した際に、実質利回りの方が正確な利益率を反映することになります。
不動産のような大きな買い物では、表面利回りと実質利回りでかなりのパーセンテージの差が出る場合があるため、後者の計算を覚えておくと便利です。

Blog

Calendar