インターネットで不動産屋さんに問い合わせる場合

インターネットで不動産屋さんに問い合わせる場合

インターネットから不動産屋さんに物件を問い合わせたり資料を送ってもらえるような時代になりましたが、メールで問い合わせをする場合注意が必要です。
繁忙期である1〜3月はとくにそうですが不動産屋も来店対応や内覧などの案内に忙しく、ネットできている問い合わせになかなか対応しきれない場合があります。まず不動産屋に来店して着てくれたお客さんが優先順位としては一番です(ざわざ足を運んでくれるということはある程度頭の中に物件が思い浮かんでいるため成約の可能性が高い)。次に電話、次にメールと優先順位が下がっていくのですが、メールアドレスに関しても、フリーメールかそうでないかの見分けは不動産屋も行っており、フリーメールで不動産屋さんに問い合わせた場合、見逃されている場合がありますので注意が必要です。

 

不動産を運営する不動産業

不動産にまつわる仕事というのは、思う以上にたくさんあります。一般的に不動産屋さんというと、マンションやアパートの賃貸や売買をやる、いわゆる不動産屋さんです。しかし、それだけではありません。
たとえば不動産の持ち主から、委託をうけて、不動産を運営する会社といった不動産業の会社もあります。こういった会社は、不動産の持ち主、たとえば海外からお金を不動産に投資している企業、などから不動産を預かります。海外の会社は、運用会社などに不動産の運営は任せてしまって、レポートのみを受け取るのです。日本の不動産に対する海外の投資家の増加によって、今ではこういった運営会社としての不動産業というのも、今では多く広まっているのです。


Blog

Calendar