競売にない任意売却のメリットを調べてみました

競売にない任意売却のメリットを調べてみました

抵当不動産が競売にかけられた場合、競売物件として、インターネット等で公開されることによって、物件詳細などから事細やかに内々の事情を知り合いなどに知られてしまうことも多いのをご存じでしょうか。
競売ではなく、任意売却を選ぶと一般の売却同様で、住宅ローンの滞納による等の事情を知られずに済みます。
任意売却においてはまた、高く売れやすいメリットもあります。ですから、任意売却を選んだ場合、抵当権抹消のための費用も賄えるケースもあります。税金滞納による差押えからの任意売却では、その費用も支払うことが可能なケースもあるようです。
注意点は、抵当不動産売却代金で住宅ローンの全額を払いきれない任意売却の場合、残債務があることです。

任意売却ができるケース

一生に一度の買い物という覚悟で住宅を購入しても、さまざまな原因により、住宅を手放さなければならないこともあります。
不動産の売却方法の一つとして任意売却がありますが、誰でもできるというわけではありません。
ただ、ローンの支払いが大変だという理由や、引越しをするから売却したいといった理由では任意売却はできないのです。
任意売却ができるケースというのは住宅ローンの返済が一定期間以上滞っていることが絶対条件となります。
なので、任意売却が選べる時には、すでに金融会社のブラックリスト入りをしている状態なのです。
任意売却はそれほどリスクが高く、競売を免れるための最後の売却手段であるということは認識しておく必要があります。

Blog

Calendar