任意売却で依頼者がやるべきこと

任意売却で依頼者がやるべきこと

住宅ローンを支払うことができず、住宅が競売にかけられそうになっている人にとって、救いとなるのが任意売却です。
任意売却では、住宅が競売で落札される前に、自分で買い手を見つけることで、競売よりも高く住宅を売ることができます。
しかし、任意売却と言われても、一体、どうやって、買い手を見つければいいのか分からないという人や、そんな大掛かりなことをする資金なんか無いという人、債権者との交渉も必要ではないのかと思う人、などがいることでしょう。
でも、大丈夫です。実際のところ、任意売却を専門とする業者に依頼をしてしまえば、依頼者側は特に難しい手続きをする必要はありません。任意売却で依頼者がやるべきことは、買い手に対し、住宅の中を見せるなどといった売却活動への協力ぐらいです。

 

任意売却業者との相談は早めに

住宅ローンの支払いが滞った状態のまま放置していると、いずれ、住宅が競売にかけられることになります。
競売にかけられると、非常に安く住宅を落札されてしまいますから、その前に、任意売却の手続きをしたほうがいいです。
滞納を続けていると、督促状というのものがおよそ2回ほど送られてきて、最後に催告書が送られ、競売という流れになります。
ですから、遅くとも催告書が届く前に任意売却の交渉を金融機関と行ったほうがいいです。
もし、失業や病気などで、支払いが滞ることが事前に予測できているのであれば、督促状が届く前に、任意売却業者と相談しておくのも有効です。
早めに売却計画を立てたほうが、任意売却業者としても売却広告を出しやすく、高値で任意売却できる可能性が高まります。

-->

Blog

Calendar