前向きな任意売却という選択

前向きな任意売却という選択

住宅ローンの返済が滞って自宅を不動産競売にかけられてしまった場合、どんな事情があっても債務者には拒否権はなく立ち退きを求められるのが一般的です。しかしそのような追いつめられた状況で家を失うのはぜひ避けたいものです。
経済事情などから住宅ローンの返済を継続することが難しい状況になったら、任意売却を行うことでより良い状態で自宅を手放すことが出来るかもしれません。
任意売却というのは、競売と異なり債務者の意思も介在しやすい仕組みになっています。例えば競売では落札者が決まったら、落札者の意向により引っ越しを急がなくてはならない場合が多いです。しかし任意売却は基本的に債務者と債権者と購入者の話し合いが可能です。話し合い次第では一定の期間だけ引っ越しを待ってもらうことも出来るので、任意売却の方が穏やかな気持ちで家を去ることが出来るのです。
住宅ローンの返済が滞ってくると任意売却を勧めてくる金融機関も多いので、もしも苦しい状況になったら任意売却を前向きに検討してみるのも良いでしょう。

任意売却と競売はどちらがいいのか

ローンの返済が困難となり自宅を手放さなければならないとき、任意売却と競売がよく選択肢に挙げられますが、どちらがより有利なのでしょうか。
結論から言いますと任意売却の方が有利になるケースが多いようです。競売ですとどうしてもご近所の方に知られてしまうという事がありますが、任意売却ならば決して知られることはありません。また住宅から退去をする時期を競売では選ぶことはできませんが、任意売却ならば本人の意志で決めることができます。競売では決してその家に2度と住むことはできませんが、任意売却ならば購入した方と賃貸の契約をすれば場合によっては住み続ける事も可能となります。
他にも色々と任意売却の方にメリットがありますのでこちらの方をお勧めしたいです。

-->

Blog

Calendar