任意売却を考えなくてはならなかった日々

任意売却を考えなくてはならなかった日々

主人のボーナスがカットされた時に、住宅ローンの支払いが厳しくなり、任意売却を検討したことがありました。
任意売却は、住宅ローンの支払いが遅れて3ヶ月目ぐらいから手続きできるようですが、その当時はまだギリギリ支払えていました。
でもこのままでは、いつ支払いが滞り、競売にかけられてもおかしくないような経済状態だったので、いさぎよく任意売却をしようかと悩み、専門の会社に相談に行った程でした。
結果的にお互いの両親から融資してもらい、任意売却の必要は無くなりましたが、当時は地獄のような日々でした。
せっかく手に入れたマイホームを、このような形で失うなんて、考えただけで胃が痛くなります。
今後は任意売却を検討するような事態にならないように、私も正社員で勤めに出て、家計を支えていこうと考えています。

 

任意売却を行う時には真実を話す

任意売却を専門業者にお願いする際に、本当のことを言えずに嘘の申告をされる方もいらっしゃいます。
特に、他にもローンがあったり金融機関からお金を借りていると、どうしてもその事実を任意売却業者に話せなくなってしまいますね。
ただ、良い形で任意売却を行いたいと思った時には、必ず現在の借り入れ状況について申告しなければなりません。
嘘をついたまま任意売却の手続きを行ってしまうと、収入に対して支払額が大きくなってしまいます。
その結果、将来的に金銭面で困窮し、自己破産などの手続きを行う必要が出てきます。
任意売却は将来の生活を考えて行うものですので、生活に負担が出てこないように、必ず今現在の家計の状況を包み隠さず話す必要があります。

-->

 

Blog

Calendar