任意売却の際の住宅ローンの支払いが遅延した場合の銀行口座

任意売却の際の住宅ローンの支払いが遅延した場合の銀行口座

任意売却を行う場合に、住宅ローンの支払いが遅れると、銀行の口座というのは、差押さえされるのでしょうか?
任意売却を行う場合に、住宅ローンの支払が遅延されているということで、銀行の口座が差押さえされるようなことはありません。
時期は金融機関によって違っていますが、任意売却を行う場合に、住宅ローンの返済が遅れるとその住宅ローンの銀行の口座が凍結されることになります。
その際に、もし預金があっても引き出すことができなくなり、ローンの返済する金額と相殺されます。
そのため、任意売却を行う場合には、それより前に引き出しておくことが必要です。
もちろん、任意売却を行う場合に、借入を行っている銀行より他の預金口座は問題ありません。

任意売却とはいったいどのようなものか

任意売却というのは、住宅ローンなど金融機関からの融資を返すことが難しくなった場合、自分が持っている不動産を売却するものです。一見この文章を見ただけでは、任意売却にとても怖いイメージがわいてしまうのですが、実際は任意売却は救済処置として扱われております。なぜならば、本来は不動産を借金の肩代わりとして他人に売却する場合は、不動産のローンをすべて返済していなければいけないのですが、住宅ローンの返済ができなくなって不動産を売却して融資の金額を少しでも減らそうとする場合は、不動産のローンを返済できていないわけですから、持っている不動産を借金の肩代わりとして使うことはできません。
ですが、任意売却で金融機関からの合意をもらうことができれば、不動産を売ったお金をそのまま融資の返済費として使うことができるので、差し押さえをされる前にできるならば任意売却を行った方が良いでしょう。

 

Blog

Calendar