任意売却を検討してみました

任意売却を検討してみました

任意売却とは、所有する不動産が競売にかけられる前に、金融機関や保証会社、債権回収会社などといった債権者との合意によって、任意つまり強制によらず不動産を売却することです。
任意売却というプロセスにおいては、市場における不動産売買と同じように裁判所ではなく不動産業者が仲介手数料をとりながら、適正価格で抵当不動産を売却することとなります。
競売ならば手続に費用も時間もかかり、回収率も低くなってしまうところが、任意売却によるならば、適正価格なので市場の価格に近いのがいいところです。
近年では、「ゆとりローン」の破綻者がピークを迎えたため、このような任意売却が推奨される抵当不動産の数もだんだん増えている、といいますね。
任意売却を検討するのはなかなか妥当だと思います。

 

住宅ローンの口座の残高が無いと任意売却はできないか

住宅ローンを引き落としている口座の残高が全く無いような状態でないと、任意売却を行うことはできないのでしょうか?
任意売却を行う場合には、期限の利益が無くなった後、住宅ローンの信用保証会社から債務者の代わりに、金融機関などに代位弁済を行ってもらう必要があります。
返済を行っている間は、任意売却を行う必要はありません。
返済が行われているために、住宅ローンの信用保証会社から金融機関などに代位弁済は行われません。
返済ができないための任意売却なのです。
任意売却の場合に、電気・水道・ガス・電話料金などの公共料金の引落口座と住宅ローンの引落口座が同じになっていることが良くあります。
そのような場合には、他の銀行に引落口座を変更する必要があります。

Blog

Calendar