葬儀には地域ごとのマナーがあります。

sou01txt

これから葬儀に参加する方は注意していただきたいのですが、地域や宗派によって葬儀のマナーが異なっていますので、参加する前に地域や宗派ごとの葬儀のマナーを身に付けておくといいです。例えばお焼香の際に1回で十分な時もありますし、3回きっちり行わないといけない時もあります。ちょっとでも間違えてしまいますと、周りの方から白い目で見られてしまう可能性もありますので、注意していただきたいです。急に葬儀に参加する事になった場合には、調べる時間が無いと思いますので、周りの方とできる限り同じ対応する事を勧めます。それによって、必要最低限のマナーを実施していく事ができます。このように葬儀は地域や宗派によってかなりマナーが異なっているので、参加する時には気を付けていただきたいです。

 

葬儀とは、人を人が弔う儀式のことです

葬儀とは、人を人が弔う儀式のことです。 業務として葬儀社は葬儀を滞りなく行うことができるのは、葬儀のプロとして当然のことです。 会社の規模よりも一番大切なことは、葬儀を行う担当者が人間性を優先することです。 つまり、「人」が基本と言うことです。 葬儀というのは単純なセレモニーということではなくて、家族が新しい生活を行うために「想い」を整理する大切な時間で、また、故人のいろいろな「縁」を結び、残す大事なチャンスと捉えています。 葬儀というのは、そのような大事な「縁を結ぶ」ことなのです。 最も考える必要があるのは、送る人のために、葬儀をどのようなものにしたいのか考えることです。 「想い」をはっきりすると、「納得・安心」の葬儀につながります。

Blog

Calendar