葬儀が大変だと思った事

葬儀が大変だと思った事

葬儀は、自分が行うものながら、その家のやり方や、宗教の宗派があるので、完全に個人の考えだけで進まない部分があります。 ましてや、遺されたのが、ご主人でなく、奥様の場合、知らない事も多く、教えを請う人達が高齢になっているので、意見が統一されない事もありました。 会葬の御礼の文章や、記念品の選択などはまだいいのですが、すぐに院号などを準備していただく必要があるため、お寺に出向いて話し合いをしました。お礼に数十万が必要と聞いて、叔父が立ち会って金額の交渉をしてくれました。お寺も、応援の和尚を要請したり、忙しそうにしているのを見て、多くの人を巻き込んだイベントなんだと実感しました。 その間葬儀会社の人には、付き添ってこと細かにアドバイスをもらいました。 やはり装具会社のアドバイスは参考になります。 例えば、会葬記念品の準備に際しては、年賀状の枚数分準備すると間違いない、というアドバイスはその通りで驚きました。

葬儀社は事前に見積もりを取ってもらい選択しましょう

最近は葬儀社に依頼して葬儀をするのが一般的になっていますが、葬儀費用はそれぞれ結構な差があり、葬儀社を適当に決めてしまうと失敗したと後悔することも少なくありません。昔から付き合いのある葬儀社があれば別ですが、初めての葬儀でどの葬儀社を利用するのが良いかわからない場合には、まず事前に見積もりだけ取って費用を比較して決める方法があります。 死ぬ前に準備をするのは嫌な気分かもしれませんが、少しでも満足のいく葬儀をするためには事前に確認しておくことも必要です。ある程度自分たちで葬儀にかける予算を前もって決めておいて、それを伝えた上で見積もりを取ってもらうようにしてください。中には会員になれば割引が効く葬儀社もありますので、時間をかけて検討することが重要です。

Blog

Calendar